3ヶ月に1度で良いから歯医者に通院する時間を作りませんか?

>

歯医者のメンテナンスを1回きりにするのはオススメできない理由

メンテナンスを怠ることで

3か月に1度で良いので、歯医者でメンテナンスを受けることによって、歯周病や虫歯予防の高い効果が見込めます。他には、あるデータによれば80歳の段階で定期的なメンテナンスをした人は、残った歯の平均本数が約16本。一方、歯周病や虫歯の時だけ歯医者を利用した人は約7本。メンテナンスを怠ってしまうと、年齢を重ねるにつれて自分の歯が残りにくくなります。

歯が無い状態であれば、食事をする際に嚙む力が弱くなり、固形物を飲み込む際に内蔵への負荷が増します。それによって、疾患の原因にもなりかねません。入れ歯で対処する1つの方法ですが、汚れが付着しやすい以外に食事の味が感じにくくなるケースも有るようです。

3か月に1回のメンテナンスで、各種トラブルを予防が可能。できるだけ年齢が若い段階で歯医者に通院しましょう。

自己流はマイナスになりやすい

自分で歯ブラシやデンタルフロスによる口腔ケアによって、歯周病や虫歯予防を図るのは大事。しかし、歯医者でメンテナンスによってプラークや歯石除去ができたり、歯磨き指導が受けられたりします。

とはいえ、人によっては歯医者への通院に負担が掛かるだけでなく、通院する理由が見いだせない気持ちを持つかもしれません。それによって自己流のメンテナンスに陥ると、却って歯の健康増進を図るうえでマイナスとなるでしょう。

できるだけメンテナンスを受けやすくするためには、信頼できる歯医者を見つけるようにしましょう。特に、歯科医や衛生士の接客や治療が丁寧であれば、通いやすくなるはず。また、同じ人が診察してくれると、安心感を抱けるポイントに。

他には、自分の生活圏内からできるだけ近い所であれば、通院への負担が少なくて済みます。